建築・環境計画研究室 建築・環境計画研究室
ホーム 研究室概要 研究プロジェクト 論文一覧 山田あすか研究室 ブログ サイトマップ
 About
建築計画 環境行動 研究分野

この研究室について この研究室について
 建築計画・環境行動研究分野での研究を専門としています.特に,こどもや高齢者,障碍をもつ人々への環境によるサポートや,都市空間における人々の行動特性などについて,研究をしています.

研究の枠組み 研究の枠組み
 「建築計画」と「環境行動」を専門にしています。.両者の違いを簡単に説明すると「建築計画」分野での研究が、使われ方など人間の 環境との関わり方を調査しても最終的に建築に帰着するのに対して,「環境行動」研究 では、建物という物理的環境を含む広義の意味での環境と人間の関係そのものに着目します.
 いずれも,人間と環境や建物との関係に着目し、それをデザインに結びつける学問です.学際的な分野をもって研究に取り組んでいます.

建築計画と環境行動
 建築計画研究とは,使われ方など人間の環境との関わり方を調査して,最終的に建物の空間構成等の計画指針を得るための研究です.
 環境行動研究とは,建物という物理的環境を含む広義の環境と人間の関係そのものに着目し,その関係を読み解こうとする研究です.
両者は,スタンスが若干異なりますが,我々にとっての帰着点は同じです.建物や空間を実際に使い,そこに住まう人々にとって居心地のいい空間や環境,使いやすい建物のあり方を考えるということです.
なかでもこの研究室では特に,自分では周囲の環境をうまくコントロールしたり,自分の住みよい場所を自由に選んだりできない人たちにとって望ましい環境とはどうあるべきか,人々を代弁して論じることができるような研究に積極的に取り組んでいます.
山田あすか研究室