建築・環境計画研究室 建築・環境計画研究室
ホーム 概要 この研究室について 研究プロジェクト 論文一覧 山田あすか研究室 ブログ サイトマップ

【科研】小規模生活単位型高齢者施設における空間構成と
 入居者の生活様態に関する研究

2007-2008


科研費

*研究代表者*

[科学研究費補助金データベースより]

レコードタイプ1 採択課題
レコードタイプ2 継続
採択年度 2008
研究課題番号 19860072
研究課題名 小規模生活単位型高齢者施設における空間構成と入居者の生活様態に関する研究
研究代表者 山田 あすか  (ヤマダ アスカ) 立命館大・理工学部・講師
研究代表者番号 80434710
研究機関 立命館大学 研究機関番号:34315
研究種目 若手研究(スタートアップ) 研究種目コード:270
研究分野[4] 都市計画・建築計画 研究分野コード:5303
  
研究成果の概要:
 この研究の究極的な目標は,環境と人間との関わりに着目して,高齢者のためのよりよい生活環境を考究することにある.
 このうち,本研究課題では,認知症高齢者グループホーム(以下:GH)と小規模生活単位型特別養護老人ホーム(以下;ユニット型特養),小規模多機能型居宅介護事業所をフィールドとして,これらの施設での空間構成,入居者の生活様態,入居者の属性との対応関係を明らかにし,こうした生活施設の空間構成について具体的な指針を示すことを目的とする.
 この種の施設は近年急激に増加しており,その空間構成も非常に多様である.しかし,空間構成と入居者の生活様態との関係は,未だ明らかにされていない.多様な空間構成と入居者の生活の対応関係の解明は,この種の施設の計画に一定の指針を与えよう.またこの研究課題は,これまで非体系的に増加してきたこれら施設のあり方を検証する研究としての位置づけも持つ.また,こうした施設は何らかの支援を必要とする高齢者にとっての「住まい」であり,本研究の成果は,広く高齢者の居住空間の質の向上に寄与するものである.
 本研究期間において,ユニット型特養における入居者の生活様態(滞在場所,交流の相手,滞在場所の移動)と施設の空間構成の関係,宅老所・小規模多機能型居宅介護事業所における利用者の滞在場所,ADL・認知症の程度,事業所の空間構成の関係について分析し,査読論文としてとりまとめ,発表した.また,グループホームの空間構成と入居者の滞在様態,その反復性に着目した調査・分析を継続して行っており,発展的研究に取り組んでいる.

 
科研該当page

 

関連する研究成果:

山田あすか,濱洋子,上野淳:小規模生活単位型特別養護老人ホームにおける空間構成と入居者の生活様態の関係,日本建築学会計画系論文集 No.629,pp.1477-1484,2008.07


 Project
<一覧に戻る
<一覧に戻る
Copyright © 2013 Architecture and Environment Design Lab. All Rights Reserved.